湯布院塚原高原観光協会

観光協会概要

Language:Japanese

Language:English

塚原MAP

塚原について

  • 体験する
  • 泊まる 宿泊施設
  • 見る 買う
  • 味わう
  • 塚原人
  • 観光協会概要
  • 交通アクセス
  • 高速運行状況
  • お天気
  • 湯布院塚原観光協会facebook(フェイスブック)ページ
  • ゆふいんラヂオ局
  • てから
塚原人
みるく村 レ・ビラージュ
由布・鶴見の稜線が連なり、開放的な牧草地が広がる塚原の雛戸地区。そこに点在する牧場の一つ竹内牧場に生まれ育った、竹内良太さん。牧場の敷地内にあるフレンチレストランの若きオーナーシェフである。幼いころから料理人を目指していたのかと思いきや、中学の頃からバンド活動に夢中にで、高校卒業後もアルバイトをしながら漠然と「バンドしながら生きていこう」と考えていたそうだ。そんな彼が二十歳の時、父の跡を継いで店を持ちたいと思うようになる。彼の父は大規模な牧場を営む傍ら、搾りたてミルクやアイスクリーム、焼き肉などを提供する「みるく村」を経営していた。その仕事を引き継ごうという訳だが、良太さんの頭の中には、「ログハウスで焼き肉はないだろ!」という思い・・・。
そこで、自分の求める料理を見つけるため有名旅館やホテルでの修行の日々が始まる。和食料理を1年間学んだのち、今度は洋食の世界へ飛び込む。そこで、出会ったのがフランス料理。「なんて奥深い料理なんだ。この料理の魅力を故郷で・・・」そんな思いに支えられて3年間のフレンチ修業。先輩シェフの厳しい指導にも耐え、ついに2009年4月、父の店をリニューアルしてフレンチレストランをオープンさせた。
自分の力でものにした料理を提供するため、フリーター時代の経験をいかし厨房などを自ら作り上げる。料理に使用する野菜は自家栽培。肉や魚も自ら厳選したものを使用する。看板メニューのビーフシチューは、料理人仲間から『もったいない』といわれるほどの上質な肉を5時間かけて煮込んだ自信作。「こんな田舎まで足を運んでくれたお客さんに満足して、ゆっくりと過ごしてもらいたい」若きシェフのこだわりが伺える。

店の外には青々とした芝生が広がり、木製のベンチと手作りのブランコが揺れている。「いずれは貸別荘を建てて、家族が楽しく過ごせる空間を作り上げたい」と、彼の夢はまだまだ終わっていない。
みるく村 レ・ビラージュ
みるく村 レ・ビラージュ
〒879-5101 大分県由布市湯布院町塚原609-59
TEL : 0977-84-5020
FAX : 0977-84-5020
<< 前の塚原人へ

p-eji

Copyright (C) Yufuin-Tsukahara. All Rights Reserved.